セクシーな装いの女性

女装は一度は憧れる道

女装のイメージはどういったものでしょうか。おそらく大半の男性は、女装なんて気味が悪いなどと思うかもしれません。しかし、実は世の中の大半の男性は女装をしてみたいという願望を抱いたことがあります。それは自分にはないものが女性にはあることを理解しているゆえに、心理的願望として女装をしてみたいとか女装に興味を持ったりすることがあります。
しかし大半の男性は実際に女装への道を進むことはありません。それは長年培われてきた羞恥心であったり誰にも見せられなかったり、あるいは体型的に不格好にしかならなかったり、あらゆる理由を考えることができます。本当は素直になるべきかもしれない、と考えたことがあるでしょう。女性のしている可愛らしいファッションや化粧を使ってみたいと考えても構わないのです。そもそも女装は犯罪でもなんでもなく、個人の自由でしかありません。
例に挙げれば、スカートは女性専用のように思われていましたが、大昔の侍はスカートのような袴だったわけですから、そういった観念は近年生まれてきた感情でしかないのです。つまり人間の本能にのみ従えば、女装をすることが悪いことではないことは理解できるでしょう。ほんの少しでも自分の気持ちに素直になって、女装への道を進んでみてはいかがでしょう。

TOP